スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桶川女子大生ストーカー殺人事件の真相!警察の大失態。俺達マスコミは悪くない! 

2012, 09. 26 (Wed) 23:56

自民党総裁選挙で安倍晋三氏が総裁に決まりましたね~。

私は自民党員では無いので、この選挙は蚊帳の外の話なんですが
久し振りに安心出来る総裁が誕生したなァと感じましたよ。
正直、前回の首相時は
小泉ネオリベ改革路線を引き継ぐ形になってたので
あまり支持したくなかった。
でも今回は、あの呪縛はもう無い。
日本人の中にも、あのカイカクのまがまがしさを理解出来る人も増えた。
現在の安倍氏の主張にも、小泉カイカク路線の影は無い。
是非、首相を目指して頑張って欲しいと思う。

それまでに
民主党が日本を立ち直れない状態にまで追い込んでしまうと思うけどね。

話飛んで…

1999年に起きた、桶川ストーカー殺人事件の特集番組見ました。
警察の悪質な怠慢、ストーカー小松和人の狂気でアンダーグラウンドな人生
忘れかけていた怒りが再燃しましたよ。

しかし、一番腹立ったのは、マスメディアの罪が非常に矮小化されて再現された事。
あの事件関係者の中で反省が無いのはいつも通り「メディア」でした。
(今回はFOCUSの清水潔氏は除く)

ウラも取らずに被害者バッシングの記事を垂れ流し
ウラ取りしててもカネと真実を天秤にかけ、結局記事が売れる方を選択した事は全く流さず
全て上尾署に責任擦り付ける形だった。
ボ~ッとテレビ見てる人は気付かないでしょうけど。

…悲しいけど、コレ「メディア」の平壌運転なのよね。

ちなみに、小松和人は北海道の屈斜路湖で水死体となって発見され
「自殺」として番組は終わりましたが、一体ドコの団体に遠慮してるんでしょうね?

自殺と断定出来る証拠は確かに散見される。
しかし、一つ一つ検証すれば
例えば安田生命池袋支社に電話したのは本当に本人なのか?等
結局どれも突き詰めると断定出来なくなってしまいます。

実は彼は某ラブコメ死ね死ね団にかくまってもらい逃走を続けていた。
(アチラ系の人が元締めの多い)あの仕事をやっていたのでカネは腐る程持っていた。

「いつまでもかくまい続ければラブコメ死ね死ね団にも火の粉が降り掛かる。
 しかしコイツのカネは欲しいので、巻き上げ終われば即始末」

の規定路線も…あると思いますっ!by天津木村


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。