東の朝鮮人、西のユダヤ人 その心は 

2011, 04. 21 (Thu) 01:17

トウホク食い荒らす?被災地に跋扈する不気味なアジア人

 東日本大震災の被災地に今月初め、中国漁船衝突事件をめぐる映像流出事件で起訴猶予処分となった一色正春元海上保安官が同志とともに緊急物資支援に出かけていたことが分かった。津波がすべてを破壊し尽くした被災地で、支援団一行は、得体の知れないアジア人に遭遇したという。

 一色氏は昨年11月、沖縄・尖閣沖での中国漁船衝突事件の真実を国民に知らせるため、衝突映像をインターネットに流出させた人物。

 直後に名乗り出て、国家公務員法(守秘義務)の任意聴取を受ける。同年12月に海上保安庁を依願退職し、今年1月に起訴猶予処分が決定。2月には告白手記「何かのために」を出版し、最近は講演活動も行っている。

 物資支援団には、一色氏のほか、元警視庁捜査官でノンフィクション作家の坂東忠信氏や元仙台市長の梅原克彦氏、チャンネル桜の水島聡社長など約10人が参加。避難所に食料品や日用品を届けるため、トラック2台とワゴン車、乗用車の4台に分乗して、4月2日朝に被災地に向かった。

 翌3日午前、津波で壊滅状態となった岩手県陸前高田市に到着。がれきの山の前で車を止めて、外に出たところ、支援団の1人が得体の知れない中年女性に会ったという。坂東氏は語る。

 「メンバーの1人が声をかけると、中年女性はたどたどしい日本語で『ココからココまで、ワタシの家だったのに、みんな壊れたよ!』と訴えたというのです。アジア人なのは間違いない。表情に悲壮感はなく、乗っていた車は多摩ナンバー。みんなで『怪しすぎる』と話しました」

 一行が連想したのは、戦後の混乱期、一部のアジア人が持ち主がよく分からない土地を不法占拠したこと。大惨事の影で、土地収奪などを狙っている者がいるとすれば大問題。陸前高田市の避難所に支援物資を届けた後、この話をボランティアの地元男性にすると、「多摩ナンバーのアジア人などあり得ない」と驚いていた。

 その後、支援団は岩手県大船渡市と石巻市にある避難所を回ったが、途中、銀座を闊歩するような高級な服を着て、被災地にたたずむ老夫婦と会った。メンバーが「どちらからお越しですか?」と声をかけると、無視して立ち去ろうとする。重ねて聞き返すと、「カナガワ!」とだけ答えた。発音は明らかに日本人ではなかったという。

 坂東氏は「ともに不自然なのは間違いない。国籍に関係なく、犯罪は許されない。被災者らが自警団が結成しているというが、新たな苦難を背負わせるのは忍びない。政府主導で対応してほしい」と話している。

~2011/04/20 zakzakより~
お~、やっぱり一色サンですね。
「憂国」の人なだけあって
即、被災地支援に行かれてたようです。さすがッス!

しかし…そのアジア人の話が本当なら薄気味悪い話です。
太平洋戦争終戦後の某国人による不法占拠は
確かにそんな事実がありましたからねぇ。
大体、大規模空襲のあった所の主要土地はヤラれました。
姫路も実はヤラれてます。
現在の有名所はといえば、宇治市の某国人の土地不法占拠…。

ちなみに、宇治市の裁判は不法占拠側の実質勝利という
法治国家にあるまじき判決で終わりました。
そういや、某国人は土地の略奪に成功し、自分の物になったので
固定資産税や住民税等を払う義務が生じたはずなんですが…
ま~た「差別ニダー<丶`∀´>」とか言って払ってなかったりして。

辻元ボートとか、偽Jユニセフとか
政府公認の胡散臭い連中も被災地うろついてるからね。
被災地は「義」で行く人達、「欲」で行く人達が入り乱れてます。
「欲」で動く人達は総じてパフォーマンスが巧いので
騙されないように気をつけましょう。
関連記事

0 Comments

Leave a comment