裏を知れば事実が繋がる 

2010, 03. 23 (Tue) 23:59

京都のアパートに白骨遺体 死体遺棄事件の可能性も

 京都府警伏見署は、京都市伏見区のアパートの一室から住人の女性(100)とみられる白骨遺体が見つかったと21日明らかにした。同署は司法解剖して死因や身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄事件の可能性もあるとみて調べる。

 伏見署によると、20日夜に同市の無職男性(61)が「数年会っていない姉から『死亡した母と住んでいる』との手紙が届いた」と相談、同署員と男性が同日午後11時50分ごろアパートを訪ねて遺体を発見した。

 部屋には男性の姉(68)と姉の娘(39)がいたが、姉は「母は7年くらい前に死んだ。神様から人に言うなと言われた」などと意味の分からないことを話しており、同署で事情を調べている。

 遺体は寝室の布団にあおむけの状態で横たわっていた。

~2010/03/21 共同通信より~

はい、典型的な年金不正受給のパターンです。本人が死亡しても届けを出さず
年金や恩給等に関しては現況届を偽装して提出すれば、いつまでも金が湧いて出てくる…。
最低7年は横領してたんですね。
「神様から~」って、キチガイ装ってもムダ!
社保庁や金融機関に捜査入れば動機は一発でバレますよ。
こんなケースが全国あちこちに潜在してると思うと日本は沈没して当たり前な気がするわ。
関連記事

0 Comments

Leave a comment