●●基準に合わせる日本社会は不幸 

2009, 03. 04 (Wed) 21:54

 兵庫県の1歳男児がこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ、昨年9月に死亡した事故で、製造会社「マンナンライフ」(群馬県富岡市)の対応に問題があったとして、両親が3日、同社などを相手に計約6200万円の損害賠償を求める訴訟を、神戸地裁姫路支部に起こした。
 訴状によると、男児は昨年7月29日、兵庫県内の父親の実家で、半解凍状態だったとみられる「蒟蒻(こんにゃく)畑 マンゴー味」をしばらく触った後、口に入れてのどに詰まらせた。加古川市内の病院に搬送されたが、約2カ月後に死亡した。
 両親の代理人の弁護士らは記者会見し、同社のこんにゃくゼリーは、大きさがのどをふさぐ程度で、硬さや弾力性がのみ込みにくいものとなっており、容器の形状を考えると設計上の欠陥があると主張。同社が事故を認識しながら、適切な改善措置を取らずに製造・販売を続けたとした。
 男児の両親は事故後、同社に連絡を取ったが、謝罪はなかった。示談交渉でも、書面で2回やりとりしただけで、解決できなかったという。両親は弁護士を通じ、「マンナンライフ社の企業努力によって(死亡事故は)防げた」とコメントした。
 マンナンライフによると、同社は事故を受け、昨年10月に製造を一時中止。約1カ月半後、「凍らせないように」という警告文を追加し、1つ1つのゼリーに警告マークを入れるなど改善策を講じた上で、製造と販売を再開した。
 マンナンライフの話 訴状を見ていないのでコメントは差し控えたい。

~2009/03/03時事ドットコムより~
この件で、某巨大掲示板は珍しく一方の意見(両親側非難)が独占してた。
(親擁護の意見は縦読み用)
ただ、一つ残念に思うのは、訴えた事自体を非難している意見が有る事。
D●Nだって訴えを起こす権利はあるんよ。
それが認められるかどうかは別にして。
そんな所まで叩いたら、民主主義国家じゃ無くなってしまうがな。

叩くのは、この訴えが通って、マンナンライフが損害賠償払うハメになってからにしたら?
そんな事にはならないと思うけど…。

マンナンライフさん、悪いと思ってなければ、絶対に謝ってはダメですよ。
こういう顧客への対応は非常に精神的にも事業的にも苦しいのは良く解る。
つい形だけ謝罪して小銭掴ませて解決してしまいたいという衝動にかられるのも解る。
でも、悪しき前例を作ってはダメです!
司法の場でキッチリ白黒つけてください!
それが今後の日本の為、他の同様の事象に悩まされている企業にとっての
大切な道標になるんです。

地裁でやとオモシロオカシイ判決になるかもしれませんが…(笑)
ま、でも高裁上がれば多分マトモな判決出ると思いますんで。
関連記事

2 Comments

Redina  

No title

蒟蒻ゼリー関係は、当事者以外の裏でゴソゴソやってる連中の存在が気になりますね。
話題に上らなくなると、それを見て定期的に出てくるのが不思議です。
この件はキチンと裁判で判断してもらいたいですよね。

2009/03/05 (Thu) 20:58 | EDIT | REPLY |   

hide  

携帯から…

裏でゴソゴソ…?
ひょっとしてマンナンライフだけやり玉に挙げた野田●子大臣のお膝元岐阜県で
マ社が販売中止中に勢力拡大した某蒟蒻ゼリー会社の事かな?(笑)
一見不自然に見える事象は、必ず裏でキタナい連中が蠢いてます

2009/03/06 (Fri) 19:58 | REPLY |   

Leave a comment