スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更な話 

2008, 09. 04 (Thu) 22:19

今度の都議選を控え、解散総選挙と都議選の日程を少しでも離したい公明党。
まさか、「何で?」って思ってる人は少ないとは思いますが
元学会員家の子供やった人の体験談が
全文転送・転載自由でUPしてあったんで、あの新興宗教党の現実として
一応挙げときます。

「それ位知ってるよ。」って言わないでね。
架空の転居は当然選挙違反なんですから・・・。
(有印公文書偽造の犯罪にもなるんかな?ちょっとソコは詳しくない・・・orz)

遊牧民です。
身の上話で恐縮ですが、、、

遊牧民は、昭和30年(1955年)の11月生まれです。
射手座のB型です。(←関係ないちゅうねん!)

家族は両親と、そして9歳上の姉がいました。(今は、遊牧民以外は故人)
そして、遊牧民が生まれる半年ほど前に、両親は知人の勧め(強引な)で
創価学会に入信(創価学会では入会と云わずに入信と云います)しました。
創価学会員の間では、両親が入信してから産まれた子どもを
「福子(ふくし)」と呼んで重宝がります。

なお、両親も遊牧民も昭和53年に創価学会を脱会し
日蓮正宗正信会所属寺院の檀徒になりました。
脱会の動機などは、後日に記することにして、、、
本稿では、公明党の選挙のために創価学会大幹部からの命令で
強制的にやらされている「創価学会員の住民票移動」の事実についてお話します。

遊牧民が子どもの頃の記憶です。(おぼろげな部分もありますので御容赦を)
たしか、私が小学校高学年か中学生だった頃ですから、昭和40年代前半でしょうか?

当時、私達一家は大阪市天王寺区内に住んでおりました。
両親は自宅で散髪屋を営んでおりました。

さて、ある日、遊牧民が学校から帰ると、父は電話中で
しかも、えらい剣幕で怒っていました。傍で母が不安気に見守っておりました。
父は電話で
「なんで、住民票を移動させなあかんねん」とか、、、
「これが創価学会の方針なんか?」とか、、、
「選挙のためやったら、学会員の生活はどうでもええんか?」とか、、、
私が帰宅してからでも、30分以上は電話で怒ってました。
相手は、どうやら創価学会の幹部のようです。(支部長・総ブロック長クラスか?)

で、電話の内容を要約しますと、、、

創価学会の幹部の話
1/すこし先の話だが尼崎(あまがさき・兵庫県の大阪寄り)市で選挙がある。
2/創価学会としてゼッタイに負けられない。
3/しかし、今の状況は厳しい。
4/上(創価学会上層部)から住民票移動せよとの指令があった。
5/今から、住民票移動すれば投票日に間に合う。
6/池田センセイを守る為に、広宣流布(世界中の人々が創価学会に入ること)の為に
   尼崎市に住民票移動して投票に行ってほしい。
7/自営業されているので、奥さんの住民票移動だけでいい。
8/移動先は尼崎市内の学会員の住所だ。了解はとってある。間借りしていると云うことで。

父の反論
1/選挙違反ではないのか?
2/違反でなくても、道義的に問題があるが、それでも住民票移動せよと云うのか?
3/池田センセイはご存じなのか?
4/尼崎市に住民票移動すると云うことは、大阪市からの住民サービスが
   受けられなくなり、広報も尼崎市役所から尼崎市内の学会員の住所に届く。
   住民票取るのも、国民健康保険料を払うのも、何かの手続きをするのも
   尼崎市役所に行かねばならない。あまりにも無茶である。

「父の反論」に対する創価学会の幹部の回答
1/選挙違反かどうかは知らないが、広宣流布のためだ。仏法は国法に優越する。
2/創価学会の方針は常に正しいのだ。選挙違反とか道義的に問題とかを
   考えること自体が間違っている。信心が浅はかな証拠だ。もっとしっかり信心せよ。
3/もちろん池田センセイは大賛成している。これは池田センセイからの指令だ。
4/(住民票移動は)奥さんだけでいい。少し間の辛抱だ。この苦労が功徳に結びつく。

赤字は笑う所です。(笑))

結局、承諾しなければ「信心が浅い」と云うことになり、両親はしぶしぶ承諾しました。

母だけが、実際は大阪市天王寺区の自宅に家族と一緒に住んでいるが、
住民票上は兵庫県の尼崎市民であり、まったく見ず知らずの尼崎市内の学会員の家に
間借りしていることになってしまったのです。

そして、半年以上過ぎた「投票日」。
「投票日」は日曜です。大阪の「散髪屋」は月曜が定休日です。
母は、学会員とはいえ全く見ず知らずの家に行って、投票所の入場券を受け取るのは
億劫なので、父の付き添いで尼崎市に向かいました。ですから、「散髪屋」は臨時休業です。
もちろん、創価学会からの休業保障なんかもありません。

で、手ぶらで行くのも気が退けるので、
近所で「まんじゅう」を買って手土産として持っていったようです。

ところが、尼崎市内の「住民票受け入れ先」の学会員さんは、「ごくろうさま」も云わずに
ものすごく迷惑そうな顔をして、投票所入場券を渡すなり
「もう二度と来んといてくれ」と塩をまいたそうです(マジで)。
「まんじゅう」も、その場で庭に捨てたようです。
おそらく、この「住民票受け入れ先」の方も強制的にやらされたのでしょう。
もちろん、両親は「歓迎される」と思って行ったのですから
予想とは全く逆の対応に愕然としたようです。

うちの父は、帰宅するなり幹部に電話して、「住民票移動は、もうゼッタイに嫌や!」
「人を何と思うとるんや!」「選挙のためやったら、学会員の生活はどうでもええんか?」
と怒鳴り散らしていました。

そして、翌月曜日(散髪屋定休)に再び尼崎市に行って
母の住民票を元の大阪市に戻したようです。
(創価学会では投票日が過ぎても、すぐには住民票を戻さないように指導しているとか)

以上、遊牧民が紅顔の美少年だった頃、つぶらな瞳で見た光景でした。
(全文転送・転載自由)

東京都民の皆さん、国民の皆さん。ちゃんと考えて行動してくださいね。
関連記事

- 2 Comments

shoko  

呆れるばかりの話です。

お久しぶりです。
このそうかのお話、呆れますね。
まあ、宗教がらみは てんりあたりも
かなりひどい話を聞いてますがー。

私の昔の知合いの学会員は
ピアノバーを経営していましたが
本来 お金にだらしのない人だったため
少し儲かると 本来の支払い分(家賃や従業員給与)を
ポロポロ、遊びに使ってしまってました。
そして あちこちから借金の催促がきて首が回らなくなると
すっと雲隠れしてしまうのですが
数ヶ月すると大金を作って舞い戻ってくる、
なんとも怪しげな人でした。

そんな、お金にだらしにない彼ですが
とても熱心な信者でそちらのためなら、お金を厭わない。

なぜそんなに熱心なのか聞いたら
学会にはたくさんの有名人、企業家がいるから
困ったときにはいろいろ商売で助けてもらえるから、と。

つまり 宗教を信じている、というより
メリットで信心してました。
そんな人も多いんでしょうね。
宗教じゃないですね。

2008/09/07 (Sun) 00:42 | EDIT | REPLY |   

hide  

昔から聞かれる話ですが

あ~、てんりね~。
この手法で市まで乗っ取りましたからね。(笑)

この宗教の儲もやっぱ2種類ありまして
家畜と支配者に分かれます。
支配者側にしてみりゃ、こんな素敵な宗教は無いわな。
ガキの頃、この宗教の幹部クラスが近所に住んでましたが
やっぱちょっとオカシい人で、よくトラブってましたよ。
常識が通用しない。

2008/09/08 (Mon) 01:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。