あの夏、いちばん静かな海。 

2006, 09. 22 (Fri) 23:39

昨日に続き、2つ借りた映画のもう一つ。
これは私が今まで観た邦画の中で、一番好きな映画だと思う。
多分もう10回は観てるんとちゃうかな・・・?(笑)
あの夏、いちばん静かな海。 あの夏、いちばん静かな海。
真木蔵人 (1999/05/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
1991年北野武監督の第3作目。
昨日観た「家族ゲーム」と打って変わり、主演俳優のセリフ無し。
久石譲の素晴らしいBGMと、北野監督の素晴らしい一種淡々とした情景描写。
視聴者側に判断させる余裕と余韻の残し方は素晴らしく
シーンの変わり目に一つ間を置いたカットを間に挟むやり方は
初期の「こち亀」に通じる所があると、私は勝手に解釈します(笑)
あの情景描写やと、まるでこの映画を観てるのが
自分の体験してきた記憶を思い出してるように錯覚します。
感情移入度は最高値です。
主演俳優同士が聴覚障害者というのも、この世界観を出すのに必要不可欠な設定でしたね。
ちなみにエセ人権屋が喜ぶような映画じゃ無いですよ(笑)
サーフィンやった事ね~のに(笑)懐かしい気分になる映画です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment