昨日と違う涙 

2006, 07. 21 (Fri) 23:53

asahi.comより~
>京都市伏見区の河川敷で2月、同意を得て認知症の母(当時86)を絞殺したとして、承諾殺人などの罪に問われた無職片桐康晴被告(54)の判決公判が21日、京都地裁であった。東尾龍一裁判官は「結果は重大だが、行政からの援助を受けられず、愛する母をあやめた被告人の苦しみや絶望感は言葉で言い尽くせない」と述べて、懲役2年6カ月執行猶予3年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 判決で東尾裁判官は、片桐被告が献身的な介護を続けながら両立できる職を探していた経緯にふれた上で、「福祉事務所を訪れたが相談に乗ってもらえず、生活保護を受けることはできず心身ともに疲労困憊となった」と指摘。「他人に迷惑をかけてはいけないとの信念と姿勢を、かたくなであると非難するのは正しい見方とは思われない」と述べた。

 判決によると、片桐被告は2月1日朝、京都市伏見区の桂川河川敷の遊歩道で、車いすに乗った母の承諾を得て、首をしめて殺害した。片桐被告は直後に包丁で自分の首を切ったが、死にきれなかった。前日から最後の親孝行として、自分を育ててくれた場所に近い京都市内の繁華街を母親の車いすを押してゆっくり行ったり来たりした。

 片桐被告が相談に訪れていた、生活保護の窓口となる京都市伏見福祉事務所保護課の担当者は個別のことには答えられないとしたうえで、「最低でも30分以上は話を聴き、相応のアドバイスはしているはずだ。あくまで本人からの申請主義なので、要件が整った時に来てもらえないと、こちらから申請してくれとは言えず対応には限界がある」と話した。
私昔この近所で働いてて、仕事で認知症時代のこの母親とも会話した事があったと思う。
(私は福祉事務所職員じゃナイよ)
2月に一報があった時、見慣れた風景がTVで流れてたんでビックリしましたよ。

この事件の内容は、本当に悲しい。(詳細は各自調べてみてね)
真面目に生きてきた親思いの片桐康晴氏が何故
こんな辛い殺人事件の犯人にならなければならないのか?
何故若くてちゃんと働けるネグレスト鈴香には手厚い生活保護と住宅を与えるのに
片桐康晴氏は小泉閣僚お得意の分母減らし対象者にされてしまったのか?
やっぱバックに某圧力団体、利権団体、権力者が居ないとダメなのか?
格差社会マンセ~!なのか?
(生活保護受給者でも、権力団体にパイプを持っていれば勝ち組)
最後の親孝行で行った大手筋商店街、
アイフルやアコム等、無人サラ金機だらけになってたのは皮肉な話やな。
関係ないけど、入浴2!脱税しまくりやな!

 この件で伏見福祉事務所がネット等で相当に叩かれてますが
大半の真面目に働いている人は、本当に痛々しい位真面目に働いてます。
私の推測発言という事にしておきますが、
「一生懸命丁寧に対応しても、特別採用枠の方々の傍若無人な行動で台無しにされる」
との事。(当然含みを持たせた発言で、こんなストレートには言わんけどね)
こういうバッシングがはじまると、矛先はいつも真面目にやってる職員に当たります。
その後ろの安全地帯で、諸悪の根源は (・∀・)ニヤニヤ です。

ホンマやりきれんわ。
関連記事

0 Comments

Leave a comment