山口母子陵辱惨殺事件 

2006, 06. 21 (Wed) 18:12

1999年4月、山口県光市で鬼畜少年福○(当時18歳)が強姦相手を物色する為、配管工を装い
居住地と同じ敷地内の社宅アパートを一軒一軒物色。そして本村さん宅に押し入る。
本村弥生さん(当時23歳)を襲って殺害。遺体を陵辱後、
母の遺体に泣きながらはって寄ってくる長女夕夏ちゃん(当時11カ月)を
持ち上げて床に叩きつけ、それでもなお母の所へ来ようとするところを絞殺。
その後本村さん宅から奪った金を使いゲームセンターで楽しいひと時を過した。
6月20日に最高裁が無期懲役の2審広島高裁判決を破棄
審理を広島高裁に差し戻した事で、再びマスコミでクローズアップされてますね。
しかし見てて耐えられないのが、あの孝○のDQN親父の発言が公共の電波で流れている事。
まさに宅間の時と同じ「DQNは遺伝する」を証明するキティな発言!
第三者の私でも殺意を覚えますよ。

「無期はほぼキマリでして、7年そこそこに地上に芽を出す」
「犬がある日かわいい犬と出合った。そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか?」
「被害者さんのことですやろ?ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました」
「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
「(夕夏ちゃんを)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ。殺意は無い」

本村さんは裁判の度に、エセ人権派弁護士や嘘泣き被告に
こんな死者を冒涜するような発言、自己保身の為の作文を聞かされるんやからなぁ。
しかも公判の場では反論する場すら与えてもらえないし・・・
私やったら公判中に傍聴席飛び越えて入り込み、
○田の顔の形が変形するまで殴打してしまうやろな。
でも本村さんは怒りを抑え、冷静に鬼畜犯人○之の非情性を訴え続けてる・・・
本村さんって本当に凄いよ。

最高裁も無期刑ではおかしいと思いながらも自分達では判断しなかったですね。
自分達で異例の死刑判決を下して、左旋回プロ市民から弾圧されるのにビビッたんかなぁ?

あと、高裁に一言
「昔の日本は敵討ちは美徳とされてたんや。『裁判は復讐の場では無い』やと~!
確かに仇討ち殺害を推奨まではしないが、アングロサクソンのモノサシで
(コモン・ローの事を言いたい:笑) 心まで支配されたくね~よ!」
関連記事

4 Comments

K  

酷い話ですよね。
本村さんはよく我慢されてると本当に思います。
俺もhideさんと同じく飛び込んでいってるでしょうね。
最近の裁判でおかしいなと思う点は、精神鑑定が大きな観点になってるところ。
人を殺せる奴らに精神が正常な奴らがいるとは思わないのは俺だけでしょうか?
確かに裁判は復讐の場ではないとは思いますが、今の日本は被害者が更に被害者に、加害者も被害者になってしまっています。
悲しいことですね。
感情的な意見失礼しました。

2006/06/22 (Thu) 09:33 | EDIT | REPLY |   

hide  

そうそう

精神障害も人格障害も
他人を殺した快楽に酔い、ラリッた状態になってるのも
糞もミソも精神障害で刑法39条に該当する!って訴えるのがムカツきますよね。

11ヶ月の赤ん坊を叩きつけ、絞殺って、人間の所業とはとうてい考えられない。

ついでに私の持論も一つ
「性犯罪者は刑期最短で出所し、必ず再犯する」
性犯罪者は異常性癖、性欲以外は普通の人やからね。塀の中では模範囚になりやすいんですよ。

2006/06/22 (Thu) 22:48 | EDIT | REPLY |   

菊花  

この事件当時、
我が家は地の果てへ飛んでおりましたので、
今回初めて詳細を知りました。

知れば知るほど恐ろしい・・・。

人権派弁護士の論法の無茶なこと。
「口元押さえた手がずれて首が絞まった」とか、
「ちょうちょう結びをしてやろうと思ったらずれて首が絞まった」とか。
小学生だってもっとましな言い訳考えるよ・・・。

結局あの手紙は被告の本性が何ら変わってないと言うことを証明しただけでは?
と感じています。
最高裁はなんで差し戻し?
ぬるいです。

2006/06/26 (Mon) 16:06 | REPLY |   

hide  

死刑反対論者

あの弁護士、論法もオカシいし、行動もキてる。
かなり凝り固まった思想の持ち主で、世間が見えてないと仲間内で評判らしいです。

性犯罪者を出所させる時は
再犯防止の為に、額に「変態」と刺青入れさせろ。

2006/06/27 (Tue) 23:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment